トップ > タニサケの取り組み > フレッシュタニサケ

日本で唯一!有料の社内報を毎月刊行しています。

社内報「フレッシュタニサケ」

 タニサケの社内報「フレッシュタニサケ」は、1989年8月から毎月発行しています。以来一度も休まず長年続いている社内報です。

「フレッシュタニサケ」最新号【2021年8月号】

 暑さが増してくるとホームセンターやドラッグストアでは、殺虫剤商品が店頭の目立つ場所に陳列されます。
 弊社の「ゴキブリキャップ」や「ムカデンジャー」「置くだけムカデンジャー」も店頭に陳列していただいていますが、... (続きはこちら

 フレッシュタニサケは次のようなこだわりを持って発行しています。

1、発刊日厳守! 毎月発刊予定日前日までにお届けします。
2、人生応援! 人生や経営のヒントになるものを
3、記事は明るい話題のみ! 積極的で前向きな紙面を心掛けています。写真は笑顔で
4、誤字・脱字はない日本語で! 誤字・脱字は「タニサケの恥」、外来語は極力不使用
5、日本で唯一!有料の社内報! 全国各地に読者がいらっしゃいます。

会長のひとり言 (フレッシュタニサケ 2021年8月号から抜粋)

「10年の知己」
※知己とは「自分のことをよく理解してくれる人、 あるいは親友」のことです。

 宮崎市立大宮中学校の水元重夫元校長とは、平成29年1月22、23日開催の「タニサケ塾」にご参加いただいてから交流が始まりました。
 その塾に参加後の水元校長の感想文に「職場でよく職員に伝えている言葉があります。それは、森 信三先生の『人間には進歩か退歩かのいずれかがあって、その中間はない。現状維持と思うのは、実は退歩している証拠だ』という教えです」とありました。
 森先生の言葉を引用されたのには感心しました。偉大なる森先生を知らない学校の先生が多い中、水元校長は森先生の著書を読まれ、しかも、自校の先生方に森先生の名言を教えられているとのことで嬉しくなりました。そこで、私の知る名教育者の長崎県の竹下 哲先生、兵庫県の東井義雄先生、広島県の八ツ塚 実先生等の著書やCDを次々と紹介したのです。それを水元校長は、見事に学びとられ、教育に反映しようとされていました。
 平成30年2月17日に、私は水元校長が当時勤務されていた宮崎市立赤江中学校で、生徒・保護者等520名を前に講演をさせていただき、その後、その講演録『時を守り 場を清め 礼を正す』を発行しました。若者がこれからの人生を送る上で常に持ち続けておかなければならないことを中心に話をしたのですが、講演後の反響も大きく講演録は5万部も増刷しました。
 また、水元校長は、「タニサケ塾」で学んだトイレ掃除の素晴らしさに感動され、自校でも「宮崎掃除に学ぶ会」に依頼をし、希望生徒、職員、学ぶ会の皆さま、約100名でトイレ掃除を実施されました。生徒たちにとってトイレ磨きが心磨きになり、心の成長につながればという願いと「学校の荒みはトイレから」と言われる中でトイレを常に清潔に保つことを心掛けたいという思いからの実施だったそうです。
 宮崎市青少年育成センター所長となられた現在も水元さんとは数多くの情報交換をして、交流がまだ数年にもかかわらず、今では「10年の知己」を得た思いです。教育者と実業家の交流は、「教育の世界を知らない実業家」と「実業の世界を知らない教育者」の交流であり、大いに刺激があって楽しみながら学んでいます。
 日本の将来を心配しながらも、互いに若者の成長を期待し応援する「親友」でありたいと切に願っています。

松岡 浩  




社内報のご購読をご希望の方

ご希望の方は、下記代金をお支払いください。受付後1年間、毎月社内報をお送りします。

ご注文方法

年間購読料 1部  1,500円(1冊あたり 125円/月)
3部 2,000円(1冊あたり 56円/月)
5部 2,500円(1冊あたり 42円/月)
10部 5,000円(1冊あたり 42円/月)
20部 10,000円(1冊あたり 42円/月)
お支払い方法 現金書留または、郵便振込
お振込先 郵便口座   00810-5 17193 ㈱タニサケ
*窓口の払込取扱票にてお振り込みください。
*払込取扱票の通信欄に”社内報購読希望”とご希望の部数をご記入ください。
お問合せ 0585-45-8555(総務部まで)