トップ > 害虫駆除マニュアル > ナメクジ駆除

ナメクジ駆除

ナメクジとは

 雨の日の招かざる来訪者。歩みの遅さに油断していると、植物の新芽しんめは食い散らかし、農作物はおいしいとろこだけかじる無法者です。そして忌々いまいましい銀ラメ色の足跡。庭にいて良いことなんてあるのでしょうか。
しかし実は、カタツムリが進化したら、ナメクジになったそうです。どっちもどっちですが。

01 貝の仲間ですが、貝殻はすでに退化し、空気中で呼吸できるようになった動物でカタツムリと同じ仲間です。殻を作る栄養を成長にまわし、早く成長して子孫を多く残すよう進化し、成功したのがナメクジだそうです
02 よく見かけるのは「ナメクジ」(体長約6cm)で、都市部に多いのは「コウラナメクジ」(体長約7~12cm)です。その他、わが国最大の「ヤマトナメクジ」(体長20cm以上)等、日本に約10種類ほどいます。
03 日中は光を避け、湿った場所に隠れて、夜間や雨の日に活動しますが、低温および高温で共に活動が鈍くなるので、4月~6月、9月~10月が最も活発な時期です。また通常卵は100個~200個で、ふ化するまでに1か月程度かかり、種類によっては4年間も生存することがあるそうです。

ナメクジ対策

 草むらや落ち葉のあるところ、木の隙間、朽木など、湿った場所や日のあたらない場所であればどこにでもいます。植木鉢の下なども絶好の住処すみかです。このような場所を出来るだけ減らすことが肝心です。

 畑や家庭菜園などがある場合は、土の中に潜んでいたりもします。植木鉢の中の土を広げてみても、よく見つかります。このような場所には、ホームセンターなどに売っている椿油粕を混ぜ込むとある程度効果があります。椿油粕には20%ほどの椿サポニンが含まれていますが、これはナメクジに対して殺虫忌避効果があります。ただし、魚などの水生動物やミミズに対しても毒性がありますので、使用環境をよく吟味してください。

家庭にあるもので駆除

 最も効果的な駆除方法は、雨の日などの夜にナメクジを捕獲して回ることです。これを何回か繰り返すと激減します。
 ビールの飲み残しで誘引して溺れさせるという方法もありますが、飲み逃げされることも多く、あまり有効ではありません。

 ナメクジが好んで食べる果物(りんごやバナナの皮)を夜中に置いておびき寄せ、朝に皮ごと捨てる。かなりよく取れますが、ナメクジが皮にいっぱい張り付いているのを見ると大変気持ち悪いのものです。ナメクジに耐性のある人向けです。

粒剤を撒く

最も一般的な方法です。
殺虫成分の入った粒剤をよく出る場所に撒くだけです。
このタイプはその成分で大きく二つに分けられます。

1、メタアルデヒドが主成分
 二日酔いの原因の一つアセトアルデヒドの化合物で、これを含む粒剤を食べたり触れたりさせることで駆除します。即効性は高く、昔から使用されてきましたが、毒性もあり、ペットなど小動物が庭に撒かれたものを食べての中毒事故も報告されています。

2、リン酸鉄が主成分
 リン酸鉄は土壌中にも含まれ、また、食品添加物としても認められているほど害の少ない物質ですが、ナメクジ・カタツムリがこれを過剰に摂取すると消化不良を起こし、やがて衰弱し死亡します。効き目はゆっくりですが、ペットや水生動物、などナメクジ以外の動植物に対しては無害です。
 当社製品「ナメクジキラーF」はこれに該当します。

おすすめ商品

ナメクジキラーF
(粒状)

「ナメクジキラー」の形状は顆粒状のナメクジ駆除剤で、使用方法は、本品をそのままナメクジやカタツムリが見られる箇所周辺に処理するだけです。

ナメクジキラー

「ナメクジキラー」の形状は顆粒状のナメクジ駆除剤で、使用方法は、本品をそのままナメクジやカタツムリが見られる箇所周辺に処理するだけです。