ネズミ

 人々が農耕を始めた時、ネズミとの戦いのゴングが鳴らされました。人は高床式たかゆかしきにネズミ返し、あらゆる手段を講じて対抗してきました。しかしネズミは、中世にはコレラやペスト病を拡散して欧州の人口を激減させ、現代社会においても世界各地で穀物を食い荒らし病気を蔓延まんえんさせ、人との抗争に終止符が打たれることはありません。かわいいのは映画の中だけです。

駆除方法 Q&A

ネズミの被害を受けたくない!

 ネズミを家に入れない、住みつかせない予防のためのポイントは、
①台所の残飯は放置しない
②穀類・小麦粉・お菓子等は、プラスチックケースのような硬い容器に保管する
③こまめに掃除をして食品くずを残さない

の3つです!
 詳しくは下の項目をチェックしていきましょう!

Q:ネズミがいるとどんな被害があるの?
A:衛生上と経済上の害があり!

 衛生上の害としては、ネズミに寄生したノミやダニが病原体(ペスト・赤痢、腸チフス、ワイル病、パラチフスなど)を運び、飲食物を通じて人間に被害をあたえます。例えば、サルモネラ菌による食中毒は毎年数千名の患者が出ています。
 経済上の害としては、電車やビルの配電盤の配線をかじることにより、電車を止めたり、会社のコンピューターの設備、銀行のオンラインに被害が出ます。また、一般家庭の食品類の被害はもちろんですが、倉庫などの食品・商品、加えて農作物の経済被害も非常に大きくなっています。
Q:ネズミがいるかがわかるサインは?
A:ネズミの通り道は黒くなる!

 ネズミは体が汚れているので、その通り道は、体の汚れが付いて黒くなります。また、足跡やかじり痕、糞尿などが残ることもあります。これを、ラットサインといいます。
Q:ネズミはどうして家に入ってくるの?
A:餌が豊富で、冬でも暖かいから!

 人家やその周辺に棲息するネズミ類を「家ネズミ」と呼び、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミなどがいます。人家には、餌が豊富にあり、冬でも暖かいので入ってきます。
Q:ネズミはどんなものを食べるの?
A:雑食性でなんでも食べます!

 ネズミは雑食性でなんでも食べます。1回の摂取量は少量ですが、1日中食べている状態で、1日に必要とする量は体重の1/4ぐらいといわれています。一般的には植物質を好み、穀物、さつまいも、根菜類を、動物質では昆虫類、鳥類の卵、チーズなどを食べます。
Q:ネズミは家のどんなところに住むの?
A:屋内、屋外どちらにも住みます!

 床下、天井裏、壁の中などに住むことがあります。また、屋外に巣があり、餌場として家の中に入ってくることもあります。
Q:ネズミの侵入を防ぐにはどうすればいいの?
A:ベニヤなどの薄い板ではダメ!

 ネズミの侵入口が、判明しているのであれば、金網、防鼠ぼうそ用のパテなどで、塞ぎます。ベニヤなどの薄い板では、すぐにかじって入ってきます。

ネズミが侵入してしまった場合は...

 既にネズミが屋内に入ってしまったという時、駆除の方法はどんなものがあるのでしょうか?

Q:どんな駆除方法があるの?
A:物理的な駆除と殺そ剤などの化学的駆除の2通り。

 粘着シート・捕獲器などの物理的な駆除、殺そ剤などの化学的駆除があります。
Q:どういう風に駆除製品を使うの?
A:数を多く置いた方が、捕獲率が上がります!

 粘着シートは、ネズミの通りそうな場所を中心に配置します。基本的に、数を多く置いた方が、捕獲率が上がります。
 殺そ剤は、ネズミが食べることによって効果を発揮します。そのため、毒餌以外の餌となるものは、片づけることが必要です。
Q:駆除した後の処理はどうすればいいの?
A:そのまま生ごみとして廃棄します。

 粘着シートにくっついたネズミは、そのまま生ごみとして廃棄します。殺そ剤を食べて死んだネズミは、ビニールの袋などに入れ、生ごみとして廃棄します。
Q:おすすめの駆除剤は?
A:チューモアS



・ユリ科植物の海葱(うみねぎ)配合により従来のワルファリン製剤より、より早く効果が現れます。
・ネズミの好む成分が配合してありますので、よく食べます。
・数日間続けて食べさせることで効果が現れます。 食べたその場で死なないので、他のネズミに警戒心を与えずに退治できます。
・速効性の毒ではありませんので、4~5日食べつづけさせることにより効果が発揮されます。

A:クマトロンブロック



・穀物類の粒をそのままロウで固めてありますので、水にぬれても腐敗せず、また形がくずれません。
・ドブや下水口などぬれる場所で使用できます。
・食べてすぐその場で死なないので、仲間のネズミに警戒心を与えることなく退治できます。
・ネズミの好む成分が配合してありますので、よく食べます。
・速効性の毒ではありませんので、4~5日食べつづけさせることにより効果が発揮されます。

A:コロソ粒剤



・「コロソ粒剤」は、新成分のクロロファシノンを配合しており、少量でも効果が出ます。都心に多いワルファリン抵抗性のネズミにも効きます。
・食べてすぐその場で死なないので、仲間のネズミに警戒心を与えることなく退治できます。
・速効性の毒ではありませんので、4~5日食べつづけさせることにより効果が発揮されます。

以上のような駆除方法を参考にネズミを退治してみてね!