「新本社工場」起工式

起工式の後、記念撮影。
(左より)高木監査役、水野取締役、岐建㈱の木村社長、大垣八幡神社の宮司さん、松岡会長、清水社長、向山取締役



「ゴキブリキャップ」の包装形態が変更になり、職場が手狭になったため、新本社工場を建設することになりました。
新本社工場は、現本社工場の北側に、建築面積約千平方メートルの二階建てで、一階は製品倉庫、発送場、二階は工場、事務所、食堂、開発室などです。
建設に先立ち、七月二十九日に起工式が行われました。「コロナウイルス」の関係上、参加者は弊社から役員のみで、建設会社の岐建㈱様も人数を絞っての開催でした。

「玉串奉奠」を行う松岡会長

「斎鍬の儀」を行う清水社長

続きを読む

工場周辺清掃

  松岡会長は、天候に関係なく毎日、早朝に会社に隣接する県道の清掃を二十年以上続けています。県道は岐阜と関ケ原を結ぶ道路で多くの車が通行します。そのため、紙屑や空き缶などのゴミが捨てられ、塵取りいっぱいになります。
高木則夫さんは、工場南側の道路の両脇に生える雑草が伸びてくると草刈り機を使い、刈り取っています。この道路は、多くの地元の方の散歩コースになっており、草を刈ることで喜ばれています。

雨の日も、傘を片手にゴミ拾いをする松岡会長

ガードレールの下を草刈りする高木則夫さん

続きを読む

「カツカレーライス」に満足

 六月二十六日のお昼に「お楽しみ食事会」が開催されました。今回はソーシャルディスタンス(社会的距離)で、全員が食堂に集まることなく、事務所の方は、事務所で食べました。
メニューは「カツカレーライス」で、「カツ」は地元のスーパーで購入し、「カレー」は中嶋社風委員長と向山取締役開発部長の二人が調理しました。向山さん秘伝の隠し味が入っていて、とても美味しく男性社員の多くがお代わりをしました。
一階の事務所の方も二階の食堂へお代わりに来ました。トッピングには「チーズ」や「福神漬け」などが用意されました。
デザートは「高級アイスクリーム」で、いろいろな種類が用意され、各自が好みに応じて選んで食べました。

鍋に「カレールー」を入れる
中嶋さん

久しぶりの食事会に
笑顔の高野さん(左)と
櫻井さん(右)

美味しい「カツカレーライス」に笑顔の西川さん(左)と
岩月さん(右)

続きを読む

バックナンバー