トップ > 害虫大百科 > ムカデに噛まれたら

ムカデに噛まれたら

洗濯物を取り込んだ時や脱衣場で服を脱いだ時、スリッパや靴を履いた時、そして寝ている時など、ムカデに咬まれた経験のある方はご存知ですよね。咬まれると激痛とともに形が変わるほど大きく腫れて、私、どうなっちゃうの!と怖くてトラウマになってしまいます・・・。

暖かい春から夏にかけての初夏はとても気持ちのいい季節ですが、毎年、夏が来るのが怖い…そう、ムカデが出てくるからです。
そこで、怖い夏を克服すべくムカデに咬まれた時の対処方法、とっておきの新事実が判明しました!

お湯でしっかり洗うとあら不思議!

ムカデの毒は熱に弱いんです。毒成分の多くは熱で変性するタンパク質でできているので、咬まれてすぐにお湯(42℃以上できれば45℃のお湯)でしっかり洗うだけで、なんと!咬まれた後にくるあの大きな腫れやジンジンする痛みが和らぐんです。傷口を洗うことで雑菌が皮膚に入り込むのをある程度防ぐことができますし、毒成分も少しは洗い流すこともできます。

しっかり洗った後は氷水で患部を冷やして腫れをさらに抑えます。こうすることでムカデに咬まれた後の症状を最小限に抑えることができるんです。

適確な対処方法を知るだけでも少しは安心できますよね!
でも、ほんとはムカデを一度も見ることなく過ごしたいのですが・・・。

おすすめの対策

住宅のあらゆる隙間に「ムカデンジャー」スプレータイプをシュッとひと吹き。

玄関、勝手口、窓に「置くだけムカデンジャー」を置くだけで安心です!

一覧に戻る