トップ > 害虫大百科 > 子ムカデのシーズン到来!9月~10月の対策は?

子ムカデのシーズン到来!9月~10月の対策は?

秋に小さなムカデを見かけることはありませんか?
9月~10月は、子ムカデが動き出すシーズンです。7月~8月に育った子ども達が親元を離れ、自分で餌を探し始めます。

小さくてもムカデです。噛まれると危険なことには変わりありませんので、しっかり対策をしましょう!

子ムカデの侵入箇所は小さな隙間!

侵入防止のためには、以下の点を確認してください。

*サッシの締まり具合
*玄関ドアのパッキン

小さい子ムカデは、高さ「2㎜以下」、幅「5㎜」あれば入ってきてしまいます。

10月までは玄関・勝手口・窓周りに忌避剤を設置

侵入防止のため、玄関・勝手口・窓周りに「置くだけムカデンジャー」を配置するのが効果的です。
「置くだけムカデンジャー」は配置後1ヶ月ほど有効なので、3月ごろから10月いっぱいまで毎月月初めに交換すれば、シーズンを通して効率的にムカデを避けられます。

ムカデは水分がないと生きられないため、基本的に暗くてジメジメした場所に潜伏しています。
噛みつかれると激しい痛みや患部の腫れが起こる場合もあるので、履物や服装などに注意して対策や予防に心がけてください。

11月以降は春先まで特に対策をしなくても問題ありません。
気温が下がり15℃を下回るとムカデが活動しなくなるためです。夜行性ですので、日中の気温が15℃以上に上がっても動きません。
天気予報で気温をチェックしておけば、今期のムカデの活動終了時期もわかりますよ。

一覧に戻る