トップ > 害虫大百科 > 要注意!!家庭用洗剤泡スプレーによるゴキブリ退治のリスク

要注意!!家庭用洗剤泡スプレーによるゴキブリ退治のリスク

最近、「家庭用洗剤泡スプレー」を使用してゴキブリ退治する方法が巷で話題になっています。
殺虫スプレーがない場合など、身近なもので手軽に退治ができることが人気の理由のようです。
でもこの方法、リスクを伴っていることもご存知ですか?

洗剤の「界面活性剤」で窒息死させている

そもそも、なぜ食器用洗剤でゴキブリが死ぬのでしょうか?
答えは「界面活性剤」です。
洗剤を吹きかけると、洗剤に含まれている「界面活性剤」が、ゴキブリの体表面を覆い、腹部にある気門(きもん)を塞いで窒息死させるのです。

「浸透圧」で病原菌流出の危険性が!

 界面活性剤はゴキブリの体表面を覆うワックス層を突破する反面、その強力な「浸透圧」により、ゴキブリ体内にある病原菌が外へ溶け出てしまうという見えないリスクを含んでいます。

一見、殺虫成分を使わない安全な方法に思えますが、知らないうちに病原菌によって汚染されてしまうので、そのままにしてしまうと非常に危険です。

洗剤でゴキブリを退治した時は手際よくゴキブリを取り除いて、汚染源をきれいに拭き取りましょう。

まとめ

今回ご紹介したように、巷の退治方法には意外な危険性が潜んでいます。
ゴキブリの危険性を知り尽くして開発された「ゴキブリキャップ」を使った退治をおすすめします。

一覧に戻る